急性腰痛症になりました

急性腰痛症(ぎっくり腰)とは?

聞きなれない言葉でしたが、ぎっくり腰のことです。

急性腰痛症になったエピソード

8月14日の朝の事でした。歯磨き中にくしゃみを3連発。
3回目で腰に激痛が走り、その場で崩れ落ちました。
この瞬間ヘルニア再発? え?なんか悪い病気? など激痛が。
激痛が収まるまでその場で横に。お盆休み中ですので子供が「ばぁばぁ~、パパが・・・」
と呼びに行ってくれました。 とりあえず、少し落ち着いたところで腰痛の原因を
調べました。ぎっくり腰?かなぁ?
どこも病院やってないですし、救急へいくまでもなぁ?と思い、
しばらく横になて安静にすることにしました。

どの姿勢になっても激痛です。腰が痛いことで歩行もできません。
ろくに、寝ることができませんでした。市販のロキソニンを飲みましたが。

当番医で整形外科診察

これはラッキーでした。手術歴に33歳で腰椎椎間板ヘルニア手術を伝え
腰を痛めた経緯を説明し確定しました。急性腰痛症。

医師から・・・
まるけんさん、過去にヘルニア手術もされているのでこの1週間安静に
激痛時に一度足のしびれがあるのだから、もしかしたら軟骨にヒビ
ある可能性もあるから
1週間たっても痛み引かなかったり、足に痺れ出たらすぐに来て

この軟骨にヒビは脅しかと思いました(笑)でも、ヒビって悪化したら
これが、ヘルニアになるんだよなぁ?って思いました。
薬とシップを貰って家へ帰宅しました。

自宅で調べてみたら、腰を支えるじん帯や筋肉に急に負担がかかります。
そして断裂を起こしてしまい神経を刺激します。痛みはこれだけではなく、
腰の椎間板や軟骨などが傷ついて神経を圧迫することもあります。

その後は?

激痛1日後・・・症状変わらず
激痛2日後・・・症状変化あり 座る、横になるが辛い。歩行はしばらくすると激痛になる
夜に左足のしびれが発生(8/16 20:50追記)

まとめ

くしゃみで腰椎椎間板ヘルニアになる方も今回ぎっくり腰になったことで
わかりました。日常の何気ない行動で誰にでも起こりうることです。

しばらく安静と言われてはいますが、適切な手当をしないと長引くことがあり
慢性腰痛になることもあります。まずは、自宅でシップなどを貼って楽な姿勢で
横になることです。この時マッサージや温泉はだめです。安静です。
コルセットを持ってる方はコルセットをつけたほうがいいです。

また近況を報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です