Synology DS218playへNASを更新

 

まるけん宅で使用していたNASの更新を行いました。
Synology DISKSTATION DS218play です。
HDDは自分で購入する必要がありますが、自分の好きな容量を選択できるNASキットです。

今回の更新で購入するにあたって重点を置いたのは
①RAID1であること
②動作が重くない事
③簡単操作であること
まだまだ重点はありますが。重点をおいたのはこの3つです。
そして今回RAID1を組むにあたり選んだHDDは

SEAGATE IRONWOLF 3TB×2台(NAS用)です。
WD(ウエスタンデジタル)かSEAGATEか迷いましたが、今回選んだNAS用のHDDは
SEAGATEにしました。

このDS218play、セットアップは簡単でした。
付属のマニュアルも日本語で、画面通りに進めていけば、あっという間に空っぽのHDDに
OS(わかりやすいようにOS表現にしました)がセットアップされます。

Synology ブラウザベースのオペレーティングシステムは、
DiskStation Manager(DSM)となります。これは、Web Assistantを使用して行うので
とても簡単にセットアップ(約20分)できました。

セットアップ時に自動化 RAID 管理システム Synology Hybrid RAID(SHR)を導入しました。
SHRかRAID1を選択する画面はなく、SHRにて動作しています。

次回は設定したパッケージについて紹介します。

↓今回使用したNASとHDDです。ご参考までに

SYNOLOGY シノロジー DiskStation DS218play クアッドコアCPU搭載多機能パーソナルクラウド 2ベイNASキット DS218play【Synology Valueシリーズ】

価格:29,425円
(2021/4/18 15:47時点)
感想(2件)

 

シーゲート(SEAGATE) ST3000VN007 [NAS向けHDD IronWolf(3TB 3.5インチ SATA 6G 5900rpm 64MB)]

価格:12,852円
(2021/4/18 15:50時点)
感想(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です