ダイエットは何から減らせばいい?

実は体脂肪を先に減らすべき

まるけんです。ダイエットをしていますが、体重と体脂肪どちらを先に減らせば
いいか調べたことがあります。 それは体脂肪なんですね・・・。
体重ばかり気にしていましたが、体重が減っても体脂肪が減らないと見た目が
違うそうです。まずは、体脂肪率別のお腹のか見え方から

BUILTLEAN様より画像を引用しています。

まず体脂肪でお腹周りは全然違いますね
まるけんは26%ですので、現状はだいたい25%の方の写真です。
体脂肪は身体の中にある脂肪の総称です。ご存じの通り皮下脂肪と内臓脂肪が
あるように、ポッコリお腹の男性は内臓脂肪が多いと言われています。

そのダイエット方法は裏付けされているか?

ダイエット界ではインターネットに情報がたくさんありすぎます。
ネットやテレビで連日やっているダイエット方法は自分に合わないダイエット
方法の可能性もあります。その方法を試してもなかなか効果が出ないことが
ありませんか?効果が出るまでは日数が必要です。人によって日数が違います。
1キロ7200kcalのエネルギーですので体脂肪が減るにはそれなり日数が必要です。
調べますと、2週間以上は続けることが必要のようです。
まるけんの場合、ダイエットを意識し始めたのは2019年の5月です。
毎週の体重測定記録を公開していますが、体脂肪率も公開しているのは
体重も大事ですが、体脂肪ももっと大切だということです。

2019年の年末まで70kgを行ったり来たりしていました。
5月26日を例にすると体重増えても体脂肪が減っていたりしています。
このようなことを繰り返しながらダイエットに取り組んでましたが
30代後半、男のリバウンド歴ありの体脂肪はそう簡単に落ちそうもないですね。

脂肪の減る順番は、
①肝臓脂肪⇒②内臓脂肪⇒③皮下脂肪 だそうです。

ちなみに身体の痩せる順番は肝臓から遠い場所から痩せるそうです。
①手首、足首⇒②腕⇒③ふくらはぎ⇒④肩⇒⑤上腕⇒⑥太もも⇒
⑦胸・顔⇒⑧お腹⇒⑨お尻

部分痩せではなく、バランスよく全身痩せすることが一番スタイルを
よく魅せるのかなぁ?と思います。

基本は変わない

結局は

基礎代謝を増やして痩せやすい体質に
消費を摂取より上にする(消費を多くする)

これが基本です。
体重が減るとダイエットは順調だとやはり思います。
確実にお腹周りも少しづつ痩せてきていますが
見た目は痩せてるように見ても実は体脂肪率でみると全然違うことがあります。

ネットより引用しました。

体脂肪を減らすには、まずは食事の管理が先です。
どれだけ運動をしても食事で摂取量が多すぎると運動が台無しになって
しまいます。

まるけんが短期ダイエットをしないのは過去の失敗もあります。
急な減量はダイエットをやめたときリバウンドがすごかったためです。
毎日行っていた運動を止めたために、日常的な生活レベルになるので
消費カロリーが少なくなります。

体脂肪率を減らすには

体脂肪率を減らすには、食事から見直す必要があり、1日3食は必ず食べて
間食に注意し摂取量と消費量のバランスを意識して、筋トレや有酸素運動
をすることが大切です。
インターネットで調べている方もいると思いますが、基本はやはり食事です。
どんなに運動しても摂取量が多すぎると運動して分がチャラになります。
甘いものが大好きな人は工夫が必要です。
ですのでまるけんは、会社の休憩時間に甘いクッキーなど少し食べて
夜の食事量、消費量と摂取量のバランスも意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です